« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

きれいに読みましょうよ。

愚者と愚者 下
『愚者と愚者 下』

ジェンダー・ファッカー・シスターズ 
著者/訳者名 打海文三/著
出版社名 角川書店 (ISBN:4-04-873720-1)
発行年月 2006年09月
サイズ 327P 20cm
価格 1,575円(税込)

 図書館で借りた本ですが、4~6頁ごとに髪の毛が1~2本入っていました。
 フケと思われるものも・・・。
 図書館の本なのですから、きれいに読みましょうよ。
 金田一探偵のような人なのでしょうか?
 最初から最後までずっとそうでしたから、ちょっと病的な感じがします。
 最初は、払っていましたが、ずっと続いていると怖くなってきて、そのままにして返してしまいました。

 話は椿子のターン。こちらではより性的マイナリティの問題が前面に出ています。

馬琴の嫁
『馬琴の嫁』

著者/訳者名 群ようこ/著
出版社名 講談社 (ISBN:4-06-213708-9)
発行年月 2006年11月
サイズ 219P 20cm
価格 1,470円(税込)

 群ようこさんを読んだのは2冊目です。
 瀧澤馬琴の息子「宗伯」に嫁いだ「みち」を主人公に描かれています。
 辛気くさい話が続きますが、「みち」の元気さに感心しながらつい読まされてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

惜しいな・・。

レインツリーの国
『レインツリーの国』

World of delight
著者/訳者名 有川浩/著
出版社名 新潮社 (ISBN:4-10-301871-2)
発行年月 2006年09月
サイズ 203P 20cm
価格 1,260円(税込)

 聴覚障害者の女性と健常者の男性のストレートな恋愛もの。
 二人の知り合うきっかけになるのがブログで、メールのやりとりからつきあいが始まるためかなり長いメールのやりとりがある。
 これを読むのが辛い。特に、相手の発言を「>」マークをつけて引用してコメントする、電子メール独特の書法が書籍になると許せない。
 これは、作者が女性のせいかもしれないが、男性のメールについては読むに耐えない。
 こんな恥ずかしいメールを打つやつなんて、いねえだろ!!
 内容はともかく、最初から続くメール部分がなければなぁ・・と正直思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カンボジア

藍の空、雪の島
『藍の空、雪の島』

著者/訳者名 謝孝浩/著
出版社名 スイッチ・パブリッシング (ISBN:4-88418-023-2)
発行年月 2006年02月
サイズ 171P 20cm
価格 1,680円(税込)

 著者の「謝」さんは、『文筆家・アスリート』で『標高6000メートルから海面下40メートルまで、幅広いフィールドワークを活かして、雑誌「コヨーテ」などで活躍中。だそうです。
 そのせいか若干ノンフィクション色を感じました。
 主人公の少年の目線で描かれているため、とても活き活きしていて、ものすごく辛い状況の中で子供たちが力強く生きている様子がよくわかります。
 ベトナム、カンボジアの悲惨な戦争・内乱はどうして起こったのでしょうか?
 目の前で起こっていたことなのに、ずっと目を背けていたのかもしれません。
 もう一度きちんと勉強してみなければと痛感しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本屋大賞ノミネート

本屋大賞のノミネート10作が決まりましたね。

『一瞬の風になれ』   著/佐藤 多佳子
『失われた町』  著/三崎 亜記
『陰日向に咲く』  著/劇団ひとり
『風が強く吹いている』 著/三浦 しをん
『鴨川ホルモー』    著/万城目 学
『終末のフール』    著/伊坂 幸太郎
『図書館戦争』     著/有川 浩
『名もなき毒』     著/宮部 みゆき
『ミーナの行進』    著/小川 洋子
『夜は短し歩けよ乙女』 著/森見 登美彦

『博士の愛した数式』で第1回本屋大賞に選ばれた小川洋子さんがまた選ばれています。
直木賞とかぶったのは「佐藤多佳子」さん、「三崎亜記」さん。
読んだ本5冊の中では、『夜は短し・・』を推したいのですが、だめでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とりあえず、これが暫定ベスト

夜は短し歩けよ乙女
『夜は短し歩けよ乙女』

著者/訳者名 森見登美彦/著
出版社名 角川書店 (ISBN:4-04-873744-9)
発行年月 2006年11月
サイズ 301P 20cm
価格 1,575円(税込)

 いや~、すごく面白かった。
 とりあえず、暫定ベストにしちゃいました。
 感想は後で。

-------2007/01/27 追記

 今日は土曜日で休みです。先週・先々週と土曜日に(パートタイムだけれど)出社したのでなんか久しぶりにのんびりしている感じ。でも、僕が会社入った頃は土曜日も半日仕事があった。それが時々休みになり、週休二日になり(祭日のある週は土曜出勤)、今では完全土曜休み。良い時代になったものです。会社も東証に上場した(俺、上場準備室の事務やってた・・)けれど、株価は昔より安くなっている。ジャスダック銘柄並の信用度。
 閑話休題、「夜は短し歩けよ乙女」なにが良かったのか?
 気恥ずかしくなるくらいの学生っぽさ。
 良くできたファンタジーの楽しさ。
 舞台となる京都の町の魅力。
 主人公カップル、特にヒロインの魅力。
 活き活きしていながら妖しい脇役陣。
 ちゃんとみんな納得するハッピーエンドの嬉しさ。

 難しいですね。ストーリーの説明をするとただの大バカ話になってしまうし・・。

 ということで、本屋大賞は取れないと思いますが、今年のマイベストにする。できなかったら、次点で入れると言い切っちゃうことでこの本のお気に入り具合の説明としたいと思います。

-------2007/04/10 追記

 本屋大賞2位になったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

とりあえず読んだ本

最近、仕事が忙しい。
予算の時期なので・・。まるで季節労働者みたいだな。
この程度に忙しいと、TVも見ないし、まとまったことをやらないのでよく本が読める。
現実逃避ともいえる。
しかし、まとまった感想が書けない(いつも書いていないが・・)。
とりあえず、忘れてしまう前に読んだ本だけ書いておく。

マルドゥック・ヴェロシティ 1
『マルドゥック・ヴェロシティ 1』

ハヤカワ文庫 JA 869
著者/訳者名 冲方丁/著
出版社名 早川書房 (ISBN:4-15-030869-1)
発行年月 2006年11月
サイズ 345P 16cm
価格 714円(税込)

 これって、009?

愚者と愚者 上
『愚者と愚者 上』

野蛮な飢えた神々の叛乱 
著者/訳者名 打海文三/著
出版社名 角川書店 (ISBN:4-04-873719-8)
発行年月 2006年09月
サイズ 341P 20cm
価格 1,575円(税込)

 カイトのターンはちょっと辛気くさいんじゃない?
 体制側の悲哀ですか・・。

Run!Run!Run!
『Run!Run!Run!』


著者/訳者名 桂望実/著
出版社名 文芸春秋 (ISBN:4-16-325450-1)
発行年月 2006年11月
サイズ 300P 20cm
価格 1,500円(税込)

 なるほど、走らない箱根駅伝もの。
 走らない理由は何でも良いのでしょうが、
 すごすぎない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

化物語 下・裸者と裸者 下

化物語 下
『化物語 下』

講談社BOX
著者/訳者名 西尾維新/著
出版社名 講談社 (ISBN:4-06-283607-6)
発行年月 2006年12月
サイズ 401P 19cm
価格 1,575円(税込)

 さすが西尾維新、趣味でこれだけの本を書いちゃうんですね。
 ファウストの合宿でも筆の速さで他の執筆者を戦慄させていましたが・・。
 羽川翼、やっぱり豊乳でしたね。さすが委員長。
 三つ編み、眼鏡、豊乳は三種の神器ですか。

裸者と裸者 下
『裸者と裸者 下』

邪悪な許しがたい異端の 
著者/訳者名 打海文三/著
出版社名 角川書店 (ISBN:4-04-873558-6)
発行年月 2004年09月
サイズ 333P 20cm
価格 1,575円(税込)

 下巻は月田姉妹の話になっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

145gの孤独

145gの孤独

『145gの孤独』

著者/訳者名 伊岡瞬/著
出版社名 角川書店 (ISBN:4-04-873692-2)
発行年月 2006年05月
サイズ 397P 20cm
価格 1,680円(税込)

 良い本ですが、好みに合いませんでした。
 ミステリィらしいサプライズが用意されているのですが、どうも暗く感じます。
 主人公も、相方もちょっと感情移入しにくい性格ですし・・・。

 あまり野球の話は出てこないので、野球が分からない人でも全然OKな本です。
 そちらで敬遠している方がいらっしゃったら、その心配はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ミステリーではありませんでした。(赤々煉恋◆朱川湊人)

赤々煉恋

『赤々煉恋』

著者/訳者名 朱川湊人/著
出版社名 東京創元社 (ISBN:4-488-02386-X)
発行年月 2006年07月
サイズ 307P 20cm
価格 1,680円(税込)

東京創元社から出ているので、ミステリィかと思いましたが、残念ながらいつものホラーでした。
朱川さんのホラー物はノスタルジィが定番でしたが、今回はセクシャル+ホラーという感じ。
言うなれば普通のホラーです(ホラーってたいていセクシャルですよね?ちがう?僕の趣味!?)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上手すぎる・・。

陰日向に咲く

『陰日向に咲く』

著者/訳者名 劇団ひとり/著
出版社名 幻冬舎 (ISBN:4-344-01102-3)
発行年月 2006年01月
サイズ 220P 20cm
価格 1,470円(税込)


 TVなどでよく見かける「劇団ひとり」さんの作品です。
う~ん。上手すぎますね。最初の小説でこの技巧。大変な才能です。
変な番組にちょっと頭の良いタレントとして出るより、文筆に力を入れた方が絶対良いのに・・。
この本はいつも読ませてもらっている猫まんまさんのブログでの紹介を見て読んでみました。
ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

内乱

裸者と裸者 上

『裸者と裸者 上 』

孤児部隊の世界永久戦争 
著者/訳者名 打海文三/著
出版社名 角川書店 (ISBN:4-04-873557-8)
発行年月 2004年09月
サイズ 351P 20cm
価格 1,575円(税込

 日本でもユーゴスラビアのように内乱が起きることがあり得るのでしょうか?なかなか実感がわきません。
 戦争状態を維持するには、金銭的な利害以外のモチベーションが必要だと思います。そうでなければ前線で戦っている人たちが、後方で自分たちより大きな利益を得る人たちに対して憎しみを抱くようになり、最終的には戦線を維持できなくなると思うからです。
 そういう意味では、「裸者と裸者」のように長期の内乱が起こる土壌が日本には無いような気がします。
 ともあれ、子供・女性の弱者が徹底的に迫害されるという点がリアリティが高く、その中で強く生きている孤児たちがうまく描かれていると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米澤さん、良いですね。

愚者のエンドロール

『愚者のエンドロール 』

角川文庫 角川スニーカー文庫
著者/訳者名 米沢穂信/〔著〕
出版社名 角川書店 (ISBN:4-04-427102-X)
発行年月 2002年08月
サイズ 254P 15cm
価格 560円(税込)

 新年の1冊目。
 良い本でした。楽しめました。
 古典部シリーズは、現在「氷菓」、この本、「クドリャフカの順番」と続いており、この3冊で、時間的には春から秋までになっています。奉太郎たちは1年生。これからも長く続けてもらいたいともいます。
 3冊の中ではこの本が一番ミステリー色が強く感じました。ちょっと重くなってしまったので、「クドリャフカ」ではお料理対決などの軽いお話を重視して、全体の重さを感じさせないように工夫しているのかもしれません。
 「クド・・」での「女帝」入須さんのレクチャーもこの本を下敷きにしているのですね。
 僕のように3→1→2と読むよりは、やはり、1→2→3と読んだ方が楽しめるかもしれません。
 さて、英題の「Why didn't she ask EBA」ですが、わかる人にはわかるのでしょうが、僕のようにちゃんとミステリーを読んでいない人間には全然わかりませんでした。
 「EBA」がわからない・・と思ってググってみましたが、だめでした。素直に英題全てを入れてググれば解答がわかると思います。おもしろいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨年末読んだ本(一瞬の風になれ2.3◆佐藤多佳子)

一瞬の風になれ 2  ヨウイ 

『一瞬の風になれ 2 ヨウイ』
著者/訳者名 佐藤多佳子/著
出版社名 講談社 (ISBN:4-06-213605-8)
発行年月 2006年09月
サイズ 273P 20cm
価格 1,470円(税込)

一瞬の風になれ 3  ドン

『一瞬の風になれ 3  ドン』 
著者/訳者名 佐藤多佳子/著
出版社名 講談社 (ISBN:4-06-213681-3)
発行年月 2006年10月
サイズ 383P 20cm
価格 1,575円(税込)

とても楽しく読めました。
いつも読ませていただいているシードンさんのブログ の解説がすばらしく、この本にそこはかとなく感じる「違和感」の原因をきれいに解き明かしています。
とはいえ、ヤングアダルト向けの小説であり、単純化はプラスにはなれ、マイナスに働いてしまうのは私のようなひねた大人に対してだけでしょうから、心配はいらないと思います。
北上さんから「Dive!」「バッテリー」に並ぶYA向けスポーツ小説と絶賛されているのもよくわかります。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »