2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 青春を見ました。(県庁の星◆桂望実 ハチミツとクローバー◆羽海野チカ) | トップページ | 昨年末読んだ本(一瞬の風になれ2.3◆佐藤多佳子) »

2006.12.27

人気作家2人(氷菓◆米澤穂信、化物語 上◆西尾維新)

氷菓

『氷菓』
文庫よ  23-  1
著者/訳者名 米澤 穂信
出版社名 角川書店 (ISBN:4-04-427101-1)
発行年月 2001年11月
価格 480円(税込)


 米澤さんのデビュー作、古典部シリーズの1冊目になります。
 この本のカバーでは、「ビター」という言葉が使われていますが、
 なるほど、きれいですし、「黒い」よりかっこいいですね。
 読んでみて、米澤人気がよく解る本です。
 キャラはやや類型的ながらよく立っていると思うのですが・・。

 いつも読ませてもらっている、猫まんまさんのブログ
 では、あまり評価が高くないようですが、ライトノベルズを読む人には
 とても良い1冊だと思います。

化物語 上

『化物語 上 』
講談社BOX
著者/訳者名 西尾維新/著
出版社名 講談社 (ISBN:4-06-283602-5)
発行年月 2006年11月
サイズ 445P 19cm
価格 1,680円(税込)

 西尾維新の戯れ言爆発といった感じの本です。
 ストーリー的にはいつもの西尾さんといった感じ。
 兎に角、会話が面白く、ギャグ漫画的な独特の突っ込みは、他の作者ではちょっと見られないと思います。

 最近読ませてもらったナツクさんのブログでも紹介されていますが、人に読んでもらう可能性があるのなら、ああいう風にきちんと書かなければいけない・・と反省しました。

 ☆トラックバック貼らせていただいたブログへのリンクを追加しました。(20070102)

« 青春を見ました。(県庁の星◆桂望実 ハチミツとクローバー◆羽海野チカ) | トップページ | 昨年末読んだ本(一瞬の風になれ2.3◆佐藤多佳子) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人気作家2人(氷菓◆米澤穂信、化物語 上◆西尾維新):

« 青春を見ました。(県庁の星◆桂望実 ハチミツとクローバー◆羽海野チカ) | トップページ | 昨年末読んだ本(一瞬の風になれ2.3◆佐藤多佳子) »