« | トップページ | 本屋さんも大変なのですね。 »

2006.08.17

8月に読んだ本

三国志 5の巻
八魁の星 
著者/訳者名 北方謙三/〔著〕
出版社名 角川春樹事務所 (ISBN:4-89456-053-4)
発行年月 1997年06月
サイズ 292P 20cm
価格 1,680円(税込)

さざなみ情話
著者/訳者名 乙川優三郎/著
出版社名 朝日新聞社 (ISBN:4-02-250190-1)
発行年月 2006年06月
サイズ 251P 20cm
価格 1,575円(税込)

 流石は乙川さんと思わせる本ですが、「むこうだんばら亭」と同様、重いです。
 話がストレートな分、余計重い。
 とても良い本なのですが、読むのは結構しんどいかもしれません。

アイの物語
著者/訳者名 山本弘/著
出版社名 角川書店 (ISBN:4-04-873621-3)
発行年月 2006年05月
サイズ 465P 20cm
価格 1,995円(税込)

 これは、今年のマイベスト最有力候補です。
 図書館戦争がマイベストと思っていましたが、
 この本を読んで納得してしまったので当面
 こちらを選んでおきます。

ちぎり屋
著者/訳者名 蜂谷涼/著
出版社名 講談社 (ISBN:4-06-211277-9)
発行年月 2002年08月
サイズ 281P 20cm
価格 1,890円(税込)

 小樽にこだわる蜂谷さんの本です。
 初めて読みましたが、かなり良い感じで読めました。

銀の犬
著者/訳者名 光原百合/〔著〕
出版社名 角川春樹事務所 (ISBN:4-7584-1069-0)
発行年月 2006年07月
サイズ 354P 20cm
価格 1,995円(税込)

 光原さん、こういう話が書きたかったんですね。
 この本自体はありがちな話だし(北欧神話のエピソードを
 元にしているのであたりまえではありますが・・。)
 登場人物が魅力的なわけでもありません。
 しかし、ファンタじぃとしては良くできているし、
 ミステリィで培ったWhy done it?がきちんとできています。
 めちゃくちゃ良いというわけではありませんが、
 良いファンタジイだとはいえます。

|

« | トップページ | 本屋さんも大変なのですね。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8月に読んだ本:

« | トップページ | 本屋さんも大変なのですね。 »