« ほの明るい | トップページ | »

2006.03.17

3月のまとめがき

平成マシンガンズ
著者/訳者名 三並夏/著
出版社名 河出書房新社 (ISBN:4-309-01738-X)
発行年月 2005年11月
サイズ 109P 20cm
価格 1,050円(税込)

 静岡県生まれの15歳の少女が書いた本らしいです。
 う~、よくわからん。
 芥川賞系??

オルタード・カーボン  上
著者/訳者名 R.モーガン 著 田口 俊樹 訳

 セブン&ワ○では、1冊ものの本しかありませんね。
 図書館にあるのは2分冊。
 しかも、この本、古本らしく、
 ¥1400と鉛筆で書かれています。
 この物語では人の人格・記憶などはメモリー・スタックに
 収められていて、脳とは直接関係ないみたいです。
 さらに、「脳」を含めた体は「スリーブ」として、全く別に扱われています。
 星間の移動は、メモリーだけを「ニードルキャスト」と呼ばれる
 超時空通信を使い、実際の人の移動はメモリー・スタック化を忌避する
 クリスチャンなどだけが星間船に乗っているだけのようです。
 この設定は無理がありすぎだと思いますが、なにか、
 こうでなければならない結末が待っているのでしょう。

 全体に人が死にすぎのような気がしますが、
 メモリーを外部に保存している人にとっては、
 死も若干の記憶喪失程度のリスクしかなく、
 そういうことが許容できるのかもしれません。


りかさん
新潮文庫
著者/訳者名 梨木香歩/著
出版社名 新潮社 (ISBN:4-10-125334-X)
発行年月 2003年07月
サイズ 262P 16cm
価格 500円(税込)

 子供向けの本かと思って、買ったきりになっていましたが、
 「からくりからくさ」の前後のお話(「りかさん」が前、
 「ミケルの庭」が後)になっていて、楽しく読めました。
 この本もお勧めです。
 (梨木さんの本はみんなおすすめになってしまうなぁ)


 14日、うちに帰るとNeが公園で任天堂DSと財布の入った袋の
 置き引きにあったとAkと一緒に警察に行っていました。
 現場検証もあったりして帰ってきたのが8時過ぎでした。
 Neはがっかりしてしまってかわいそう。
 15日、会社で「こども保険」で携行品保障が出ないか
 聞いたところ、残念ながら出ないということでした。
 ついていないな・・、と思っていたら、
 人事異動の話が・・。ラッキー!!
 うちに帰ってみると、財布は見つからなかったが
 DSは出てきた(親切な方が拾って学校に届けてくれたそう)
 とってもラッキー。

|

« ほの明るい | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月のまとめがき:

« ほの明るい | トップページ | »