2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 興味津々 | トップページ | びっくりした »

2006.02.20

道三堀のさくら
著者/訳者名 : 山本一力/著
出版社名 : 角川書店 (ISBN:4-04-873665-5)
発行年月 : 2005年12月
サイズ : 367P 20cm
価格 : 1,680円(税込)

 今度は「水売り」の話です。この職業は山本さんの本を読むまでは全く知りませんでした。
 時代小説は面白いですね。高々200年~300年くらい前(せいぜい10世代前でしかありません)の生活が今とこんなに違っていたとわからせてもらえます。
 この本は水売りの「龍太郎」と許嫁の「おあき」のままならない恋が描かれていて、いままでの山本さんの本とちょっと違うな?と思いました。
 とても面白く、休日の生活が不規則になってしまいました。

« 興味津々 | トップページ | びっくりした »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 興味津々 | トップページ | びっくりした »