2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« シリーズものに手を染めました。 | トップページ | »

2006.02.12

2月も逃げていく・・

水滸伝 2
替天の章 
著者/訳者名 : 北方謙三/著
出版社名 : 集英社 (ISBN:4-08-774491-4)
発行年月 : 2000年10月
サイズ : 340P 20cm
価格 : 1,680円(税込)

 面白いですね。
 週1冊ペースで読んで行きたいと思います。
 このシリーズと、三国志で今年の年末まで楽しめそうです。

シャングリ・ラ
著者/訳者名 : 池上永一/著
出版社名 : 角川書店 (ISBN:4-04-873640-X)
発行年月 : 2005年09月
サイズ : 592P 20cm
価格 : 1,995円(税込)

 出てくる人間がみんな超人で変人です。
 大量に人が死んで、正直イヤな描写もありましたが、
 その割には、超人たちはみんな生き残って、ハッピーエンド。
 こんな勝手な話はないよな・・・・。と凡人は思います。

 人間の話じゃなくて、神たちの争いの話と思って読んだほうが
 よろしいかと思います。

 炭素本位経済は、ちょっと面白く感じましたが、
 タックスヘブンにある会社からリースバックすると、税が消える
 というあまりにも単純な手法にはびっくり。SFなんだから、
 何でもありとは言え、今の世の中見てくださいよ。
 利息のスワップ契約を売買するような屋上屋を重ねる
 取引が当然の様に行われています。単純すぎません?
 とは言え、そんな複雑な取引を説明して、ただでさえ
 穴だらけだと思われる炭素本位経済の穴をさらに広げる
 わけにも行きませんね。

 それにしても、これだけの厚さの本なのに一気に読めました。
 読む価値は十分あると思います。

« シリーズものに手を染めました。 | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2月も逃げていく・・:

» 三国志1巻 [北方謙三WORLD!]
北方三国志の董卓は臆病に書かれています。 北方アニキの主人公の多くは どんなに敵が強くても自分に負けないで立ち向かう勇気を持つ人間。 が描かれているので、悪役として登場する董卓は「臆病」に描かれ てしまうようですね。 とりあえず今後の呂布の男っぷりに注目です。... [続きを読む]

« シリーズものに手を染めました。 | トップページ | »