« ほんとに忘れてるよ。 | トップページ | »

2005.10.10

いつかパラソルの下で
著者/訳者名 : 森絵都/著
出版社名 : 角川書店 (ISBN:4-04-873589-6)
発行年月 : 2005年04月
サイズ : 247P 20cm
価格 : 1,470円(税込)

 良い本でした。
 突然の父親の死から数ヶ月、厳格で、謹厳実直だと思っていた父に思わぬ秘密が・・、
 というわけで兄弟3人が父の生まれ故郷佐渡へ旅をします。
 ルーツ探しという重いテーマが、軽い乗りで描かれます。
 ふっと軽く描かれる画面が、じわじわっと胸にきたりします。
 さりげなく書かれているようで、非常に計算されている本なのだと思います。
 直木賞候補も伊達でなはいですね。
 本書の英題は「Somewhere in the parasol」ですね。
 こちらのほうが本書の中身にぴったりですが、「何処かパラソルの下で」では
 確かにちょっときれいではないです。

|

« ほんとに忘れてるよ。 | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« ほんとに忘れてるよ。 | トップページ | »