« 夢の話 | トップページ | »

2005.10.20

似せ者
著者/訳者名 : 松井今朝子/著
出版社名 : 講談社 (ISBN:4-06-211464-X)
発行年月 : 2002年08月
サイズ : 296P 20cm
価格 : 1,890円(税込)

 感じとしては、乙川が「愛」で、宇江佐が「恋」だとしたら、松井は「芸」を描こうとしているのだろう。
彼女の特化した経歴からいけば、当然の方針だと思う。この本ではそれで十分結果が出ている。
しかし、とてもこれだけの人とは思えない。ここからの一段の飛躍に期待したい。
 (芸はゲイではない。自分で思いついて笑っちゃいました)。

 さて、10月も後半を迎え、今年度のマイベストを真剣に考えだしている。
 今年は「機本伸司」「坂木司」「松井今朝子」あたりに出会って、
 機本は最新刊が良ければ文句無くベストであったが、ちょっと残念。
 梨木さんのエッセイは深く感銘を受けた(年末までに2冊とも購入予定です)。
 光原さんの本も心を動かされ、絵本に目を向けだした加納さんとの対比も面白い。
 しかし、「非道・・」に劣らぬ作品なのに直木賞の候補にならなかった「家、家」を
 暫定ベストにしたいと思う。 

|

« 夢の話 | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夢の話 | トップページ | »