« 何故直木賞候補にならんかな? | トップページ | コンビニエンスな感動 »

2005.09.23

やっと読み終わりました。

犬は勘定に入れません あるいは、消えたヴィクトリア朝花瓶の謎
海外SFノヴェルズ
著者/訳者名 : コニー・ウィリス/著 大森望/訳
出版社名 : 早川書房 (ISBN:4-15-208553-3)
発行年月 : 2004年04月
サイズ : 542P 20cm
価格 : 2,940円(税込)

 すいません、北部図書館の蔵書分はこれまでほとんど僕が借りていました。
 1年以上かかって、やっと読み終わりました。
 買っちゃっても良いかな?と思わせるほど愛着を持ってしまいました。
 文学刑事でも思いましたが、この手の膨大な基礎知識を必要とするような
 SFが英国の流行なのでしょうか?
 もちろん、この本も私のようなパープリンでも十分楽しめるようになっていますが
 知識がある人が読んだら本当に面白いんだろうな・・・とうらやましい気持ちになります。
 ミステリィの基礎がないものですから・・やっぱり少しずつ読んでいこうと思います。

|

« 何故直木賞候補にならんかな? | トップページ | コンビニエンスな感動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっと読み終わりました。:

« 何故直木賞候補にならんかな? | トップページ | コンビニエンスな感動 »