« ADHD×幼児性×エウレカセブン | トップページ | 何故直木賞候補にならんかな? »

2005.09.13

梅咲きぬ
著者/訳者名 : 山本一力/著
出版社名 : 潮出版社 (ISBN:4-267-01713-1)
発行年月 : 2004年12月
サイズ : 340P 20cm
価格 : 1,680円(税込)


 山本さんの話に良く出てくる「江戸屋」の女将、3代目
「秀哉」のお話。
 山本さんの話は食い物がおいしそうだし、経済関係の
視点がしっかりしていた面白いのだが、同じような話が
多くて、2週続けて読むとちょっとうんざりします。
 この話は面白かった。

 前の日記にトラックバックが入っていて、驚いて見たら、
いかがわしい広告が入っていた。
 毎日来る大量の広告メールにも辟易している。
 まったく腹が立つ。

 腹が立つといえば、今日帰りのバスを待っていると、
禁煙のバス停でタバコを吸っている人が居る。
 とは言え、バス停の付近(1m手前)で吸っているため
注意するのもなんだと思ったが、吸殻をポイ捨てしたので
さすがににらみつけて棄てた吸殻を指差したら、拾って
ニヤニヤしてた。まったく腹が立つ。
 これが若いやつで強そうだと注意もできないのだが・・。
 そんな自分にも腹が立つ。

|

« ADHD×幼児性×エウレカセブン | トップページ | 何故直木賞候補にならんかな? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ADHD×幼児性×エウレカセブン | トップページ | 何故直木賞候補にならんかな? »