2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 同い年だったのですね。 | トップページ | 潮干狩りで疲れた・・・。 »

2005.05.18

四つ葉のカタバミ

龍のすむ家
著者/訳者名 : クリス・ダレーシー/著 三辺律子/訳
出版社名 : 竹書房 (ISBN:4-8124-1254-4)
発行年月 : 2003年08月
サイズ : 338P 20cm
価格 : 1,470円(税込)

 パソコンや携帯が普通に出てくる、「現代」のファンタジーです。
 そのせいか、イギリスが舞台なのに食生活がとっても優雅です。
 でも、車ですこしのところに農場があり、図書館公園にリスが
 一杯いるのですね。良いところです。

 先日、グランシップに行きましたが、あんな立派な箱ものばかり
 作ったところで、「ファンタジー」が似合うような「良い」環境は
 絶対出来ませんね。この国のファンタジーはサイバーな架空世界
 以外には無くなってしまいました。

さて、Neが「学校の○○ちゃんが四つ葉のカタバミを見つけて・・・」
と言ったので、つい「カタバミは皆四つ葉じゃなかったかな・・」とチャチャ
を入れてしまいました。先週末に庭のカタバミを見せて、三つ葉で
あることを確認させられました。どうもすいません。
ツメクサの四つ葉は、Neも見つけて押し葉にしていますが、カタバミ
の四つ葉は見つけられなかったそうです。

四つ葉のクローバーと言うと、Tkが一つか二つの時、河原の公園で
一本のクローバーを抜いて、Akと私に見せてくれましたが、それが
四つ葉で、心底驚いたのを覚えています。Akが押し葉にして今でも
持っていると思います。TkもNeも苦労の種ですが、私たち2人にとって
本当の四つ葉のクローバーだと思います。

« 同い年だったのですね。 | トップページ | 潮干狩りで疲れた・・・。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四つ葉のカタバミ:

« 同い年だったのですね。 | トップページ | 潮干狩りで疲れた・・・。 »