« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

西口公園

池袋ウエストゲートパーク
文春文庫
著者/訳者名 : 石田衣良/著
出版社名 : 文芸春秋 (ISBN:4-16-717403-0)
発行年月 : 2001年07月
サイズ : 367P 16cm
価格 : 570円(税込)

 いや~。面白かったです。
 TkやAkはとっくに読んでいるので、今頃読んでしかも面白かったりすると
 少し悔しい感じがします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

φとθ

φは壊れたね 森ミステリィの新世界
講談社ノベルス
著者/訳者名 : 森博嗣/著
出版社名 : 講談社 (ISBN:4-06-182392-2)
発行年月 : 2004年09月
サイズ : 287P 18cm
価格 : 861円(税込)
発送時期 : 当日~2日で発送

θは遊んでくれたよ 鮮やかなるロジック、森ミステリィ
講談社ノベルス
著者/訳者名 : 森博嗣/著
出版社名 : 講談社 (ISBN:4-06-182431-7)
発行年月 : 2005年05月
サイズ : 297P 18cm
価格 : 945円(税込)

森さんの本は何が面白いのか良くわかりませんね。
しかし、シリーズとなると読んでしまいます。
つまらなくても見続けている連続ドラマみたいなものでしょう。
おなじみの登場人物も出てきていますが、新人たちは、
練無=山吹、紫子さん=加部谷さんという感じ、海月くんは??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

希望

メシアの処方箋
著者/訳者名 : 機本伸司/〔著〕
出版社名 : 角川春樹事務所 (ISBN:4-7584-1025-9)
発行年月 : 2004年01月
サイズ : 394P 20cm
価格 : 1,995円(税込)

 これは掛け値無しに良い本です。
 生物倫理など諸々の問題を踏み倒しても、良い本と言いきれるようラストです。
 正に僕好みの「希望」の書です。
 前作、「神様のパズル」は「絶望」の書であったとも言えるでしょう。
 宇宙生成の謎を解きながら、その答えは、「絶望」としか言えないようなもの。
 穂瑞が追いつめられてしまったのも納得できる内容でした。
 そして、この本。
 機本伸司、すごい書き手です。
 一応この本を今年の暫定ベストにしておきますが、
 次の一冊を読んで、まとめてベストにしたいと思います。
 6月刊行予定の「ぼくたちの終末」楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次があるんですよね・・・!?

だいこん
著者/訳者名 : 山本一力/著
出版社名 : 光文社 (ISBN:4-334-92449-2)
発行年月 : 2005年01月
サイズ : 482P 20cm
価格 : 1,890円(税込)

 前回ちょっと悪く書いてしまいましたが、山本一力さんはその人気にふさわしく、面白い本を書いてくれます。
 この本も得意の商売+食い物で勝負している上、主人公の「つばき」は素敵な女性でそこも楽しい。
 しかし、回想形式でかかれているこの本は、「深川」へやってきた「つばき」の紹介みたいな感じで、長いプロローグってところでしょうか?
 この本だけでは、儲かった、うまくいった、よかったよかったの薄っぺらい話になってしまいます。
 大人になった「つばき」の心情をじっくり次の本で書いてくれるのでしょう。
 他の本も、これから始まりってところで終わるのが山本さんの作風のようにもおもえますが、これで終わりでは、ちょっと寂しすぎるような思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

潮干狩りで疲れた・・・。

浜名湖で潮干狩り、疲れました。
掘った場所が悪かったのか、ぜんぜん取れませんでした。

氷の伝説 竜のすむ家 2
著者/訳者名 : クリス・ダレーシー/著 三辺律子/訳
出版社名 : 竹書房 (ISBN:4-8124-1842-9)
発行年月 : 2004年11月
サイズ : 406P 20cm
価格 : 1,470円(税込)

 一気に話は進み、謎も次々に明らかになっていく。
 デービットはGOTHな女の子ザナと北極に行くことに・・。
 展開が速く、ポッター少年の物語と違って、
 作者はシリーズの組み立てをきちんとしてから書いている。
 ぽっと出の新人と熟練者の違いなのでしょう。
 次回が楽しみ。

神様のパズル
著者/訳者名 : 機本伸司/〔著〕
出版社名 : 角川春樹事務所 (ISBN:4-7584-1003-8)
発行年月 : 2002年11月
サイズ : 307P 20cm
価格 : 1,785円(税込)

 これは驚くほどよい本でした。SFに限れば今年のベスト。
 この本があまり評価されないのは、文系の私にはわからない
 難しい問題があるのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四つ葉のカタバミ

龍のすむ家
著者/訳者名 : クリス・ダレーシー/著 三辺律子/訳
出版社名 : 竹書房 (ISBN:4-8124-1254-4)
発行年月 : 2003年08月
サイズ : 338P 20cm
価格 : 1,470円(税込)

 パソコンや携帯が普通に出てくる、「現代」のファンタジーです。
 そのせいか、イギリスが舞台なのに食生活がとっても優雅です。
 でも、車ですこしのところに農場があり、図書館公園にリスが
 一杯いるのですね。良いところです。

 先日、グランシップに行きましたが、あんな立派な箱ものばかり
 作ったところで、「ファンタジー」が似合うような「良い」環境は
 絶対出来ませんね。この国のファンタジーはサイバーな架空世界
 以外には無くなってしまいました。

さて、Neが「学校の○○ちゃんが四つ葉のカタバミを見つけて・・・」
と言ったので、つい「カタバミは皆四つ葉じゃなかったかな・・」とチャチャ
を入れてしまいました。先週末に庭のカタバミを見せて、三つ葉で
あることを確認させられました。どうもすいません。
ツメクサの四つ葉は、Neも見つけて押し葉にしていますが、カタバミ
の四つ葉は見つけられなかったそうです。

四つ葉のクローバーと言うと、Tkが一つか二つの時、河原の公園で
一本のクローバーを抜いて、Akと私に見せてくれましたが、それが
四つ葉で、心底驚いたのを覚えています。Akが押し葉にして今でも
持っていると思います。TkもNeも苦労の種ですが、私たち2人にとって
本当の四つ葉のクローバーだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同い年だったのですね。

春になったら莓を摘みに
著者/訳者名 : 梨木香歩/〔著〕
出版社名 : 新潮社 (ISBN:4-10-429902-2)
発行年月 : 2002年02月
サイズ : 189P 20cm
価格 : 1,365円(税込)

 著者英国留学中の恩師であり、後見人でもあったウェスト夫人やその隣人たちとの交流を描いています。
「村田・・」の下宿生活はここに原点があるらしく、明らかに作中人物のモデルであろう人々も顔を出します。
梨木さんの優れた見識はこういった人々とのふれあいの中で思索することで形作られてきたのでしょう。
今回気がつきましたが、梨木さんとは同い年なのですが、ずいぶん違う人生を歩いているなあ・・・と嘆息。
しかし、自分のようなしょうがない人間が、良い妻、良い子供たちと一人前に生活していられるのは本当に奇跡のようなことだと思っています。だから、そういう生活に憧れはありますが、それはあくまで憧れであって、本当はここで家族と居る自分が一番幸せなのだろうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アマゾニア

アマゾニア
著者/訳者名 : 粕谷知世/著
出版社名 : 中央公論新社 (ISBN:4-12-003578-6)
発行年月 : 2004年10月
サイズ : 426P 20cm
価格 : 2,100円(税込)

 面白かったし、楽園としてのアマゾンのすごく納得できる世界観は
 あるのですが、やや冗長に感じました。
 しかし、「裏庭」を読んだときも冗長と感じましたし、粕谷さんが、
 これから梨木さん同様素晴らしいファンタジィを書いていくだろうと
 期待させるものがありました。
 変に仮想の世界観に凝らずに、素直に良い話を書いてもらいたい
 と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Happy Endの幸せ

東京ゴッドファーザーズ
監督: 今敏
声の出演: 江守徹、梅垣義明、岡本綾
発売日: 2004/04/28

 ご都合主義でも、リアリティ欠如でもいい!!
 見終わってこんなに幸せな気持ちになれるのは久しぶり。
 いいアニメを見てしまいました(8日)。
 (animaxの録画をTs Tk Neの3人で見ました)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨワムシのヤイバ The edge
富士見ファンタジア文庫 ストレイト・ジャケット 5
著者/訳者名 : 榊一郎/著
出版社名 : 富士見書房 (ISBN:4-8291-1491-6)
発行年月 : 2003年01月
サイズ : 434P 15cm
価格 : 693円(税込)

月夜の晩に火事がいて
著者/訳者名 : 芦原すなお/著
出版社名 : マガジンハウス (ISBN:4-8387-1140-9)
発行年月 : 1999年05月
サイズ : 452P 20cm
価格 : 1,995円(税込)

 四国の地方都市を舞台とした、同様を下敷きにした事件で、
 横溝的なおどろおどろした人間関係が浮き彫りになっていく・・。
 あ~!暗い。主人公が暗いのに、周りの友人たち、特に志穂さん
 が明るく、お国言葉とうまそうな食べ物が救いになっている。
 芦原さんには、こういう話はむかないと思った。

 5月2日に会社で大きなミスをした。無念。大反省。
 5月2日はよく眠れず、3日は寝すぎた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »