« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

新本格魔法少女りすか 2

新本格魔法少女りすか 2
講談社ノベルス
西尾維新/著
出版社名 : 講談社 (ISBN:4-06-182432-5)
発行年月 : 2005年03月
サイズ : 247P 18cm
価格 : 924円(税込)

 前にも書いたが、メフィストを買っている人にも買わせるように、
 +1のお話(きずなの話)が入っている。
 なんかとっても損したような気になるが、しょうがない。

 昨日、接骨院に行ってきた。ぎっくり腰以来、腰の痛みに神経質に
なっており、金曜日夕方の痛みであわてて接骨院に行ったが、
いやー、きもちいいですね。すごく体が軽くなる感じ。もっと早く行けば良かった。

 今日は娘と駿府匠宿に行って、体験工房でステンドグラスや絵付けに挑戦する
娘を見ていたが、つい口や手を出したくなってしまう。ダメですね。

 オークションで落とした釣り竿がやってきたが、巧くやっていれば7,500円も安く
落札することが可能だったと気づき、愕然。
 楽しいけどオークションは向いていないことがよくわかりました。
 本日の落札を最後に、当分は入札しません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はぐれ牡丹・・・問題あり

はぐれ牡丹 角川時代小説倶楽部
著者/訳者名 : 山本一力/〔著〕
出版社名 : 角川春樹事務所 (ISBN:4-89456-936-1)
発行年月 : 2002年03月
サイズ : 254P 20cm
価格 : 1,680円(税込)

 この本は問題ですね。
自分の書いた物だとはいえ、
偽金作りを巡る詐欺のスキームが
既に書かれている物と同じです。
 はっきり言って、
 山本一力さんを見損なっていました。
 同じスキームや世界観を使って
中・短編を長編化する事はよくあることなので、
それ自体責められることではないと思いますが、
直木賞受賞後の最初の長編がこれでは・・。
賞便乗で、とりあえず書ける話を書いたように
思われても致し方ないでしょう。
 以前、乙川さんと並べるような
書き方をしましたが、
ここで撤回させてもらいます。
 これまで山本さんの本を幾冊か読んで、
当たりはずれのムラがある人だとは
思っていましたが、
もう少し真摯な気持ちで
著作に当たられた方が良いと思います。
 この本を1,600円出して買った人が可哀想です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

文学刑事サーズデイ・ネクスト

文学刑事サーズデイ・ネクスト 1
ジェイン・エアを探せ! 原書名:The Eyre affair 
著者/訳者名 : ジャスパー・フォード/著 田村源二/訳
出版社名 : ソニー・マガジンズ (ISBN:4-7897-2138-8)
発行年月 : 2003年10月
サイズ : 526P 20cm
価格 : 1,890円(税込)

 あー、面白かった。ぐんぐん急展開が続くまさにジェットコースター。
 ジェーン・エアは高校時代に一読したのみだし、英国の文学には暗いし、
 結構心配していたのですが、全然大丈夫。勿論、知ってる人はさらに
 楽しいような作り込みがされているのでしょうが、十二分に楽しめます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あくじゃれ瓢六

あくじゃれ瓢六
著者/訳者名 : 諸田玲子/著
出版社名 : 文芸春秋 (ISBN:4-16-320550-0)
発行年月 : 2001年11月
サイズ : 299P 20cm
価格 : 1,700円(税込)


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界の果ての庭 

世界の果ての庭 ショート・ストーリーズ
著者/訳者名 : 西崎憲/著
出版社名 : 新潮社 (ISBN:4-10-457201-2)
発行年月 : 2002年12月
サイズ : 197P 20cm
価格 : 1,365円(税込)

 第14回日本ファンタジーノベル大賞大賞受賞作。
 いくつかのお話が絡み合って一つの世界を作っている・・・というような感じをイメージしますが、
 ぼくにとって、それぞれのお話が今ひとつ興趣をそそらない、っていうか、ぼくの守備範囲を大幅に超えています。
 庭も、和歌も、全然興味ないですから。
 この本は読者を選びますね。残念ながらぼくは選ばれない範囲の人間のようです。

 今年はスギ花粉の当たり年のようで(台風の当たり年というのは×な表現だそうですが、スギ花粉はどうなのでしょう)ここ数日非常につらい毎日です。予算作業がいつまで経っても終わらないため、結構プレッシャーになっていて、苦しさも倍加します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

憂き世店

憂き世店 松前藩士物語
著者/訳者名 : 宇江佐真理/著
出版社名 : 朝日新聞社 (ISBN:4-02-257953-6)
発行年月 : 2004年10月
サイズ : 269P 20cm
価格 : 1,680円(税込)

 あやめ横丁の人々+松前藩の帰封 といった感じの本。
 宇江佐さんの一つの到達点ともいえる作品だと思います。
 とてもレベルが高く、良い本になっていると思います。
 しかし、ファンは「深川恋物語」や「おちゃっぴぃ」のような
 市井もの、そして恋の話を読みたいのではないでしょうか。
 髪結いシリーズの最新作に期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あれ、絲の字が

海の仙人
著者/訳者名 : 絲山秋子/著
出版社名 : 新潮社 (ISBN:4-10-466901-6)
発行年月 : 2004年08月
サイズ : 154P 20cm
価格 : 1,365円(税込)

芥川賞候補 絲山の本です。
芥川賞の受賞作は難しいので敬遠していましたが、
この本はとても読みやすく、敦賀という土地の色合いなのか
不思議な程の安定感と清涼感があります。
どろどろしがちな恋愛をとても綺麗に描いていると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜のピクニック

夜のピクニック
著者/訳者名 : 恩田陸/著
出版社名 : 新潮社 (ISBN:4-10-397105-3)
発行年月 : 2004年07月
サイズ : 342P 20cm
価格 : 1,680円(税込)

 良い話です。
 青春ですね。もう30年近く前の話になってしまいました。
 素敵です。今年のベストはこれになるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西尾維新2冊

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い
講談社ノベルス
著者/訳者名 : 西尾維新/著
出版社名 : 講談社 (ISBN:4-06-182233-0)
発行年月 : 2002年02月
サイズ : 379P 18cm
価格 : 1,029円(税込)

 戯れ言シリーズもいよいよクライマックスを迎えるというのに、
 最初のクビキリサイクルが図書館になくて読んでいなかったので
 買ってしまいました(予約してまでして借りるのは恥ずかしくて・・)。
 これを読めば、よく分からなかった人間関係が一気に判るか
 と思っていたら・・。全然わからん。ネコソギラジカルが楽しみです。


ネコソギラジカル 上
十三階段 
講談社ノベルス
著者/訳者名 : 西尾維新/著
出版社名 : 講談社 (ISBN:4-06-182393-0)
発行年月 : 2005年02月
サイズ : 371P 18cm
価格 : 1,134円(税込)

 と、言うわけでネコソギラジカルです。西尾維新さんのおもしろさは
 ちょっと表現することが難しいですが、クビキリサイクルの直後に
 読んでみると、全体に遊びが効いてきており、著者の成長の跡が
 見られます。遊びすぎるとダメになってしまいますが・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鷹姫さま 

鷹姫さま お鳥見女房 諸田玲子 新潮社 2004年09月 264P

 シリーズが続くにつれておもしろさが深まっていくようです。
 この3冊目は「鷹姫さま」が登場。男装の姫君・・。良いですね。
 剣客商売の息子の嫁・・名前がすっかり出てこなくなっていますね。
 まずいなぁ。老化現象ですね。
 確か田沼の御落胤だったのでは・・・?、鷹姫様は水野の鷹匠の
 娘と言うことになっていますが、実は水野の・・ってことはないですね。
 シリーズものの楽しさ、なるべく長く続けてもらいたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »