2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« グアルディアとドライアイス | トップページ | »

2005.02.09

マルドゥック・スクランブル

マルドゥック・スクランブル The First Compression--圧縮
ハヤカワ文庫 JA 721
著者/訳者名 : 冲方丁/著
出版社名 : 早川書房 (ISBN:4-15-030721-0)
発行年月 : 2003年05月
サイズ : 316P 16cm
価格 : 693円(税込)

 大森さんあたりの評価が高かった本、1冊目を買ったが、
少女娼婦という最初の設定から引いてしまってなかなか
読まないでいましたが、春から続編が出ることや、
仁木稔からちょっとSF方面へ嗜好が振れてきていたこともあり、
手に取ったら・・・やめられないとまらない状態。
こんなに面白い本を2年も本箱の肥やしにしていた
不明を恥じています。

マルドゥック・スクランブル The Second Combustion--燃焼
ハヤカワ文庫 JA 726
著者/訳者名 : 冲方丁/著
出版社名 : 早川書房 (ISBN:4-15-030726-1)
発行年月 : 2003年06月
サイズ : 344P 16cm
価格 : 714円(税込)

 鏡明さんの解説がありますね。
 鏡さんは日本SFの初期から活躍されて、
お名前はよく知っていました。
「本の雑誌にも」SF本書評を書かれています。
 数年前、電通静岡支社の講演会があり、
出席させていただきましたが、
そのとき海外のCMの紹介をしてくださったのが鏡さんでした。
電通でそんなえらい人とはつゆ知らず、
同姓同名の方かとおもって講演を聞きましたが、
知っていたらサインの一つねだってみれば良かった。

マルドゥック・スクランブル The Third Exhaust--排気
ハヤカワ文庫 JA 730
著者/訳者名 : 冲方丁/著
出版社名 : 早川書房 (ISBN:4-15-030730-X)
発行年月 : 2003年07月
サイズ : 379P 16cm
価格 : 756円(税込)

 カジノの場面は圧巻でした。この強烈なシーンが
2巻の後半から、3巻の前半までびっしり続いていきます。
息も付けないとはこのことです。
また、あとがきにもある、
「我々は無数の価値観を作り上げることで、
かつて地球上のどのような生命も
なしえなかったほどの規模で社会発展を果たした、
人類という名の種である」
という命題は私には非常に印象的でした。
2日ほど暇な時を見つけて考えていますが
これはすごい真理なのかもしれません。

« グアルディアとドライアイス | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マルドゥック・スクランブル:

« グアルディアとドライアイス | トップページ | »