2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« プラネテス 最終話 | トップページ | グアルディアとドライアイス »

2005.02.01

さむいですね~

DSC00116シベリアから寒波が来ているようで、とても寒い日でした。
雪が降って、子ども達は小さな雪だるまを作りました。

三国志 第1巻  宮城谷昌光  文芸春秋  2004年10月  344P

 後漢の終末期を描いている。曹操の祖父曹騰がメインなのだろうが、
外戚に翻弄される後漢王朝の姿、宦官と官吏のせめぎ合いなどが
巧く描かれている。ここまでは宮城谷さんらしく、儒教的?な世界観
が活きているが、三国時代は殺戮と陰謀の時代であり、仁や義や礼
や孝などというものが生き残れなかった時代でしょう。
この本音の時代を宮城谷さんがどう描くか、今から非常に楽しみです。
2巻も図書館の予約を入れておいたので今週末には手にはいると思う。

ぬしさまへ 畠中恵  新潮社  2003年05月 247P

 「しゃばけ」の続編。軽くすらすら読める。
 基本的には推理小説なのだろうが、ジャンルはよくわからない。

« プラネテス 最終話 | トップページ | グアルディアとドライアイス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さむいですね~:

« プラネテス 最終話 | トップページ | グアルディアとドライアイス »