« 十二国記とプラネテス | トップページ | あちゃ~ »

2005.01.23

あかんべえ 宮部みゆき  PHP研究所 509P 北部図書館蔵書

 もう、最初の10ページの七兵衛さんのエピソードで泣いてしまいました。さすが宮部みゆき。
 得意の江戸お化け話。しかも主人公は少女(少年でないだけましか)と見事にパターンにはまった内容。
 舞台が料理屋であるため、いつもよりも食べ物の描写が多く、それも楽しめます。
 玄之介、おみつ、笑い坊、お梅、おどろ髪のお化けさんたちが個性的ですごく生き生きしているのに対して、生きている人間達は押されてしまっていまいち元気がない感じがしました。

|

« 十二国記とプラネテス | トップページ | あちゃ~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 十二国記とプラネテス | トップページ | あちゃ~ »