« プラネテス | トップページ | さむいですね~ »

2005.01.28

プラネテス 最終話

27日、アニメ「プラネテス」最終話を見る。
とてもきちんとまとまっていて、素晴らしいできです。
まとまりすぎていると感じるくらい。
今年の暫定ベストアニメですね。
(「ハウルの動く城」を抑えてのベストです、価値があります)
ハウルの動く城は興行成績が今ひとつのようですが、
欧米では千と千尋より良い結果を残せるのではないでしょうか。
日本で今ひとつなのは、「難しくない」設定によるもので、
同じ人が何度も映画館に通うほど難しくないからだと思います。
欧米では逆にその設定が大きくプラスに働くと思います。
千と千尋については、日本では難しくないものでも欧米では
難しいのだという好例ですね。
しかし、これで宮崎アニメに触れた人たちは、きっと「ハウル」を
みるでしょうし、ハウルはきっと成功しますね(願望を込めて)。

28日、会社で来客中に静岡市立図書館から電話がありました。
インターネットで予約した本の受取館を誤って中央図書館に
してしまったのですが、他の本の予約状況を見て、北部図書館に
回付してくれるとのことでした。
静岡市の行政サービスはいつからこんなに向上したのでしょうか?
そこらの民間企業(うちなんかですが)よりよほど良い。

|

« プラネテス | トップページ | さむいですね~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プラネテス 最終話:

« プラネテス | トップページ | さむいですね~ »