2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

2018.07.16

初めての梅―船宿たき川捕物暦◆樋口 有介 (著)

『初めての梅―船宿たき川捕物暦』
単行本 – 2009/1
樋口 有介 (著)
単行本 ¥ 800
出版社: 筑摩書房 (2009/01)
言語: 日本語
ISBN-10: 4480804188
ISBN-13: 978-4480804181
発売日: 2009/01

人気ミステリ作家、樋口有介さんの時代小説、船宿たき川捕物暦シリーズの2冊目です。
現在この2冊目までの刊行になっています。続きが出るのを待っています。
3月13日読了

2018.07.15

南風(みなみ)吹く◆森谷 明子 (著)

『南風(みなみ)吹く』
単行本(ソフトカバー) – 2017/7/19
森谷 明子 (著)
単行本(ソフトカバー) ¥ 1,728
出版社: 光文社 (2017/7/19)
言語: 日本語
ISBN-10: 4334911773
ISBN-13: 978-4334911775
発売日: 2017/7/19

俳句甲子園を舞台にした「春や春」の別バージョン(?)の作品。同じ大会に参加した、地元愛媛の高校生たちを描いています。
一昨年松山に旅行に行ったとき、名物の鍋焼きうどんを「アサヒ」で食べましたが(「ことり」はお休みでした)、その少し先の「大街道商店街」が舞台だったのですね。せっかく駅から「アサヒ」まで歩いたのですから、もうちょっと足を延ばせばよかった。

3月8日読了

2018.07.14

緑の庭で寝ころんで ◆宮下 奈都 (著)

『緑の庭で寝ころんで 』
単行本(ソフトカバー) – 2017/12/8
宮下 奈都 (著)
単行本(ソフトカバー) ¥ 1,728
出版社: 実業之日本社 (2017/12/8)
言語: 日本語
ISBN-10: 4408537179
ISBN-13: 978-4408537177
発売日: 2017/12/8

宮下さんのエッセイは初めて読みました。いろいろ捨てずにたくさんつめこんであるので、宮下さんの普段の生活や、考えていることがよくわかり、ファンには価値のある1冊だと思います。
この本を読んで、短編集「つぼみ」のうち3編が「スコーレNo.4」のスピンオフなのだと知りました。それで人物描写が中途半端(省かれていたり、不必要に厚かったり)だったのですね。全く気がつきませんでした。
「スコーレNo.4」は10年間のベスト10に選ぶほど気に入った本でしたが、もうすっかり忘れています。今度読み返してみよう。

(3月2日読了)

2018.05.01

結び布 着物始末暦(十) ◆中島要 (著)

『結び布 着物始末暦(十) 』
(時代小説文庫) 文庫 – 2018/2/15
中島要 (著)
文庫 ¥ 670
出版社: 角川春樹事務所 (2018/2/14)
言語: 日本語
ISBN-10: 4758441480
ISBN-13: 978-4758441483
発売日: 2018/2/15

着物始末暦シリーズも、10巻で無事終了しました。
よかった。よかった。
中島さんの次のシリーズものを楽しみにしています。

(2月 25日読了)

» 続きを読む

2018.04.30

よつばと!(14) ◆あずま きよひこ (著)

『よつばと!(14) 』
(電撃コミックス) コミックス – 2018/4/28
あずま きよひこ (著)
コミックス ¥ 702
出版社: KADOKAWA (2018/4/28)
言語: 日本語
ISBN-10: 4048937057
ISBN-13: 978-4048937054
発売日: 2018/4/28

13巻が2015/11刊行です。いくらなんでも待たせすぎだと思います。
せめて1年に1冊くらいお願いできないでしょうか。

今回は、新キャラの「小春子」と「MINI」が登場しました。

(4月 29日読了)

2018.04.28

あきない世傳 金と銀(五) 転流篇 ◆髙田郁 (著)

『あきない世傳 金と銀(五) 転流篇 』
(時代小説文庫) 文庫 – 2018/2/15
髙田郁 (著)
文庫 ¥ 626
出版社: 角川春樹事務所 (2018/2/14)
言語: 日本語
ISBN-10: 4758441472
ISBN-13: 978-4758441476
発売日: 2018/2/15

(2月 24日読了)

2018.03.14

網膜光凝固治療

 2月21日 眼科で網膜光凝固治療を受けてきました。
 昨年の人間ドックで、眼底検査で異常(網膜にしわ?がある)があり、専門医での再検査の指示がありました。
 近所の眼科に行ったところ、眼球にレンズ(?)を押し付けて、眼底を見る拷問みたいな検査を受けて、

・周辺の網膜が薄くなっているところがあり、小さな穴も開いている。
・レーザーで穴の周辺を焼いて、穴から水が入って網膜がはがれてしまうことを防ぐ治療が必要

 と言われ、本日はその治療です。
 痛みはなく、14:00に入って、16:00すぎには終わりましたので、時間的な負担もそれほどではありません。
 しかし、3割負担で3万円の治療費は痛い。また、力を抜くように再三先生からは言われましたが、やっぱり力が入ってしまい、翌日に腰から背中にかけてバキバキの筋肉痛でした。
 3月16日には別の目(左目)の治療が待っています。憂鬱だなあ。

2018.03.13

確定申告

 2017年の確定申告の期間ももう少しで終わりますが、今年は、2月18日申告をしました。
 昨日無事に「国税還付金振込通知書が届き、3月9日に指定口座に還付してもらったようです。
 今年の申告からは、医療費控除の領収書の提出が必要なくなりました(自宅で保管しなければなりません)
 いつもと同じように、スプレッドシートで領収書を整理して、支払先別のリストを作成、申告書類を作りました。
 来年以降は健保からリストをもらって、手数を大幅に削減できるとよいのですが…。

2018.03.06

カーテンコール!◆加納 朋子 (著)

『カーテンコール!』
単行本 – 2017/12/22
加納 朋子 (著)
単行本 ¥ 1,512
出版社: 新潮社 (2017/12/22)
言語: 日本語
ISBN-10: 4103513918
ISBN-13: 978-4103513919
発売日: 2017/12/22

 題名と表紙カバーの「花束の絵」を見て、本当にビビりました。
 加納さんは大病をした後、「トオリヌケキンシ」(未読)「我ら荒野の七重奏」(未読)など順調に単行本を上梓されていますが、病気が病気ですから、えっ!リタイアしちゃうの!?と本気で心配しました。
 あわてて目次をみると、短編集らしいが、標題にも「カーテンコール」は無い!!
 すっかり早とちりして、読むのをやめようかと思ってしまいました。
(宇江佐さんの遺作「うめ婆行状記」も寂しくて読めずにいます)
 読んでみると、加納さんらしいハートウォーミングなお話でした。
 お体を大切になさって、さらに素晴らしい作品を書いてください。ずっと期待しています。

(2月 17日読了)

2018.03.05

乙嫁語り 10巻 ◆森 薫 (著)

『乙嫁語り 10巻 』
(ハルタコミックス) コミックス – 2018/2/15
森 薫 (著)
コミックス ¥ 670
出版社: KADOKAWA (2018/2/15)
言語: 日本語
ISBN-10: 4047348295
ISBN-13: 978-4047348295
発売日: 2018/2/15

(2月 15日読了)

«ちはやふる(37) ◆末次 由紀 (著)