2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

2018.09.11

トッカン 徴収ロワイヤル◆高殿 円 (著)

『トッカン 徴収ロワイヤル』
単行本 – 2018/3/20
高殿 円 (著)
単行本 ¥ 1,620
出版社: 早川書房 (2018/3/20)
言語: 日本語
ISBN-10: 415209754X
ISBN-13: 978-4152097545
発売日: 2018/3/20

 トッカンのシリーズ4冊目ですが、本当に久しぶりですっかり前の本の内容を忘れてしまっていましたが、十分楽しめました。

高殿さんの本の感想

トッカン―特別国税徴収官― 2013/02
トッカンvs勤労商工会 2013/02
トッカン the 3rd: おばけなんてないさ 2013/04
上流階級 富久丸(ふくまる)百貨店外商部 2014/11
上流階級 富久丸百貨店外商部II 2017/04


(5月30日読了)

2018.09.10

灰と幻想のグリムガル level.2 大切じゃないものなんか、ない。 ◆十文字 青 (著), 白井 鋭利 (イラスト)

『灰と幻想のグリムガル level.2
大切じゃないものなんか、ない。 』

(オーバーラップ文庫) 文庫 – 2013/11/22
十文字 青 (著), 白井 鋭利 (イラスト)
文庫 ¥ 670
出版社: オーバーラップ (2013/11/22)
言語: 日本語
ISBN-10: 4906866476
ISBN-13: 978-4906866472
発売日: 2013/11/22

 この本までが、アニメの1クールまでの内容のようです。
 ウィザードリィでは、パーティーが分かれることはありませんが、初心者パーティーが想定外の階に飛ばされてしまった場合のパニックを思い出しました。
 ゲームでの経験と比べてリアルとか違うとか言うのは滑稽なことかもしれませんが、熱中してゲームをやっていた頃の記憶が呼び戻されてくるような読書体験でした。

(5月28日読了)

2018.09.09

灰と幻想のグリムガル level.1 ささやき、詠唱、祈り、目覚めよ ◆十文字 青 (著), 白井 鋭利 (イラスト)

『灰と幻想のグリムガル level.1
ささやき、詠唱、祈り、目覚めよ 』

(オーバーラップ文庫) 文庫 – 2013/6/22
十文字 青 (著), 白井 鋭利 (イラスト)
文庫 ¥ 691
出版社: オーバーラップ (2013/6/22)
言語: 日本語
ISBN-10: 4906866220
ISBN-13: 978-4906866229
発売日: 2013/6/22

 年齢的なこともあるでしょうが、僕にとってはロールプレイングゲームはウィザードリィです。作者の十文字さんなどはもっと新しいゲームをやっているのでしょうが、このお話の世界は、ウィザードリィにも共通した世界観を持っていると思います。
 世界観の設定を特に説明しなくても、ロールプレイングゲーム一般の世界観で済ませてしまえるのは、「小説家になろう」に溢れているような小説と同じですが、グリムガルの暗さはなかなか特徴的だと思います。
 とらそうに言っても、この本もアニメを先に見て読んでいるので、アニメの影響を別にして、どこまで読み込めているかは疑問ですが…。

(5月8日読了)

2018.09.08

みかづき ◆森 絵都 (著)

『みかづき 』
単行本 – 2016/9/5
森 絵都 (著)
単行本 ¥ 1,998
出版社: 集英社 (2016/9/5)
言語: 日本語
ISBN-10: 408771005X
ISBN-13: 978-4087710052
発売日: 2016/9/5

 森さんの本はあまり読んでいませんが、『風に舞い上がるビニールシート』以来の社会派の小説だと思いました。
 やや残念なのは、二人の主人公(総受けでわきが甘い吾郎、攻撃的で狭量な千明)に共感が持てなかったことですが、そういうタイプのお話ではないのでしょう。息子の代になってやっと共感を感じられるような人が出てきました。森さんも彼への共感からこのお話を書き始めたのではないかと思いましたが、まあ、違っているでしょうね。
 私の個人的感想はともかくとして、世間の評判通り明らかに読んでみたほうがよい良書の一つだと思います。

(5月23日読了)

2018.08.26

8/13 スペーシア給油しました。

 8/13 宇佐美石油 150号線焼津SS で給油しました。
 23.28L ×\147 =\3,422
 走行距離は379.7km  燃費は 16.31km/L でした。

 7/14  390.0km 25.00L 15.60km/L
 8/13  379.7km 23.28L 16.31km/L

2018.08.21

青森旅行

 5月26日~28日 青森に行ってきました。忘れないうちに記事にしておきます。
新青森駅まで、東北新幹線で行きました。青森から、奥入瀬方面にレンタカーで向かいます。
途中、八甲田山ロープウェイに乗りンした。山の上は、雪が残っていて、遊歩道を歩こうと思いましたが、断念しました。海(青森湾)がよく見えます。

Dsc_3521

奥入瀬です。ちゃんと見ようとすると時間が足りないし、相当歩かなければなりません。

Dsc_3546

一日目の宿泊は蔦温泉です。翌朝、蔦沼に行きました。湖水が本当に鏡のようでした。秋はすごいのでしょうね。宿にもポスターがありました。

Dsc_3580

 翌日は北上して、弘前市を目指します。弘前城は移設して改修中でしたが、位置がずれたため岩木山とツーショットが撮れました。

Dsc_3609

 さらに北上して、五所川原に向かいましたが、途中、五能線の鶴泊駅で列車が来るのを撮ろうと思いましたが、時合が悪く、写真は撮れませんでした。

Dsc_3627

津軽鉄道の五所川原駅です

Dsc_3628

この後、五能線とほぼ同じルートをぐるっと回って、大館能代空港から帰りました。
 初めての青森で、時間が足りませんでした。少し遠いのは間違いありませんが、八戸や下北半島の方にも行ってみたいので、次のプランを検討中です。


2018.08.17

ふたりみち◆山本 幸久 (著)

『ふたりみち』
単行本 – 2018/3/29
山本 幸久 (著)
単行本 ¥ 1,728
出版社: KADOKAWA (2018/3/29)
言語: 日本語
ISBN-10: 4041047455
ISBN-13: 978-4041047453
発売日: 2018/3/29

 ある理由で人生最後のツアーを行っている老歌手と、ピアノの練習が嫌になって家を飛び出した中学生の二人組の道中記です。楽しく、温かいお話でした。

(5月 16日読了)

2018.08.16

漆黒の象 ◆海野 碧 (著)

『漆黒の象 』
単行本(ソフトカバー) – 2016/2/18
海野 碧 (著)
単行本(ソフトカバー) ¥ 1,944
出版社: 光文社 (2016/2/18)
言語: 日本語
ISBN-10: 4334910793
ISBN-13: 978-4334910792
発売日: 2016/2/18

 ずいぶん久しぶりに海野さんの本を読みました。
 ハードボイルドも久しく読みませんでしたが、原さんの新刊もあり、少し読んでみようかと思いました。

(5月 12日読了)

» 続きを読む

2018.08.15

コンタミ 科学汚染 ◆伊与原 新 (著)

『コンタミ 科学汚染 』
単行本(ソフトカバー) – 2018/3/21
伊与原 新 (著)
単行本(ソフトカバー) ¥ 1,674
出版社: 講談社 (2018/3/21)
言語: 日本語
ISBN-10: 4062209640
ISBN-13: 978-4062209649
発売日: 2018/3/21

ミステリーですが、もう一つのテーマとして似非化学の糾弾があります。
7/31 こんな記事がありましたが、このEM細菌についても、本書を読んで初めて知りました。

毎日新聞2018年7月31日 07時00分(最終更新 7月31日 07時00分)

 20年以上前から水質浄化などに効果があると宣伝されながら、科学的な裏付けがないと指摘される「有用微生物群」(EM菌)について、伊藤忠彦副環境相(54)=自民、衆院愛知8区=がフェイスブックやツイッターに「(イベントで)運河に投入した」と投稿したところ、研究者を含む多くの人から批判が寄せられ、伊藤氏は一部の投稿を削除した。


(4月30日読了)

2018.08.14

この素晴らしい世界に祝福を! (4) 鈍ら四重奏 ~ナマクラカルテット~ ◆暁 なつめ (著), 三嶋 くろね (イラスト)

『この素晴らしい世界に祝福を! (4)
鈍ら四重奏 ~ナマクラカルテット~ 』

(角川スニーカー文庫) 文庫 – 2014/4/26
暁 なつめ (著), 三嶋 くろね (イラスト)
文庫 ¥ 648
出版社: KADOKAWA/角川書店 (2014/4/26)
言語: 日本語
ISBN-10: 4041015707
ISBN-13: 978-4041015704
発売日: 2014/4/26

 アニメは2クール放映されていますが、この4巻までの内容のようです。
 アニメの続き(3期)が一時話題になりましたが、なかなか始まりませんね。楽しみにしています。

(4月30日読了)

«超動く家にて 宮内悠介短編集 ◆宮内 悠介 (著)